「eラーニング」 から 「Doラーニング」へ

「eラーニング」から
「Doラーニング」へ

学びを実践に活かすことを「Learning Transfer(ラーニング・トランスファー)」といいます。
これまで多くの人材育成担当者が、eラーニングにおいて課題と感じていたことです。
DO-LEARNINGは、こうした課題を解決して、学びを実務へと転用することを加速します。

DO-LEARNINGでできること

こんなことに、お悩みはありませんか?

eラーニングにおける課題

  • コンテンツ量は多くても、すぐに実務で使える内容に乏しい
  • 動画の流し見や、聞き流しで学習が受動的
  • インプット止まりで成果が見えない
  • 一時的なトレーニングに留まってしまい習慣化ができない

リーダー育成における課題

  • 業務管理としてのマネジメントは出来てもリーダー行動が十分に発揮されていない
  • [管理職]部下や取引先と信頼関係を構築してけん引する力の育成方法が定まっていない
  • [㆒般職]積極的に働きかけてチーム内に変化を起こし、上司や同僚を支える力の育成方法が定まっていない

すべて DO-LEARNINGで
解決できます!

DO-LEARNINGの
特徴は大きく2つ!

特徴1

画期的な学習デザイン

DO-LEARNINGでは、
2つのトレーニングを設けています。

1.「リーダートレーニング」の
学習デザイン

「リーダートレーニング」の学習デザイン
  • step01

    実話のビジネス場面を
    動画で視聴

    実話をもとにしたウェブ上の架空のビジネスに
    プロジェクトメンバーとして参画する

    実話のビジネス場面を動画で視聴
  • step02

    行動選択する

    実写の動画の中の主人公の立場に立ち、チーム課題を解決するための行動をとる。
    選択した行動でストーリー展開が変わっていく中で、成功に導く

    行動選択する
  • step03

    自分の強みを知る

    自分が選択した行動の特徴、優れていたポイント、改善のヒントなど、
    リアルタイムで豊富なアドバイスを受け取り、自分の強みを知る

    自分の強みを知る
  • step04

    振り返り、改善へと
    つなげる

    ワークシートを使用し、実際に手を動かしながら自分の行動を徹底的に内省する

    振り返り、改善へとつなげる

2.「実務支援トレーニング」の
学習デザイン

リーダートレーニングで記入した
リフレクションシートを参考にしながら
受講者自身の実務の中で能力開発目標を定めて
実践し、達成するためのトレーニング

「リーダートレーニング」の学習デザイン

スクロールしてご覧ください。

DO-LEARNINGは、
組織行動学者デイビット・コルブが
提唱した
「経験学習モデル」を基に
設計されています。

特徴2

成果や行動につながる
リーダー行動が身につく

~高い成果(業績)を上げるために必要なのは
質の高いリーダー行動~

管理職向け
  • ビジョン・目標設定

    持続可能なビジネスを創造し変革や改善の起点を作る

    強い意志を持って変革・改善を推進する

  • 課題を解決する

    困難にも自身のストレスをマネージし、前向きな態度を維持する

    不確実性の高い場面でも、周囲を巻き込み柔軟に挑戦する

    状況の把握・分析に基づく明確な基準を持って主張し、リスクを引き受けて自ら意思決定する

  • チームを創る

    メンバーたちの情熱を駆り立て、ビジョンやミッションを実務に関連付ける

    メンバー間の衝突を創造性に転換し、効果的に多様性を活用する

  • 学習・活用

    自分にとって未知なことに好奇心を持ち、観察・分析に基づき自身のバイアスを取り除いて業務に活かす

一般職向け
  • 未来志向

    前向きに将来の状況を予測し、そのための行動を早期に実践する

    過去の反省を未来への一手と考える

  • 課題を解決する

    多角的な視点をもって状況を客観的に分析し、積極的に提案して自分の役割目標を達成する

    業務本来の目的を第一に考え、限られた時間を効率的に使って誠実に取り組む

    組織の最終決定を支持し、部下や同僚に説得力ある言葉で伝える

  • 組織に貢献する

    組織にプラスの変化をもたらすために、どのような行動を取るべきかを考え、周囲を巻き込み、質の高い行動に収斂させる

    上司や同僚にも失敗や弱点があることを受け入れ、足りない部分を先回りしてフォローする

  • 学習・活用

    自分にとって未知なことに好奇心を持ち、観察・分析に基づき自身のバイアスを取り除いて業務に活かす

一般的なオンライン教育
との比較

各教育手法には長所・短所があります。
特性を加味して選定または組み合わせて
活用すると効果的です。

一般的なオンライン教育との比較

スクロールしてご覧ください。

DO-LEARNINGの
様々な活用方法

社員の主体性を重視した能力開発を推進したい/場所や時間に縛られないトレーニングを提供したい

DO-LEARNING
単独でご利用ください

自主自立型

DO-LEARNINGのセルフトレーニングで
主体的な学びを引き出し、
効率的にトレーニング効果を上げる

リーダー行動(アウトプット)だけではなく、ビジネス基礎知識の教育も実施したい

インプット型のeラーニングと
組み合わせてご活用ください

インプット+アウトプット型

DO-LEARNINGでリーダー行動を
身に付けるとともに、インプット型eラーニングで
基礎的な知識を身に付ける

社員間のコミュニケーションを促進するためにリアルな研修も実施したい

集合型の研修と
組み合わせてご活用ください

集合研修連動型

集合研修を実施、集合研修での学びを基に
DO-LEARNINGのリーダートレーニングで
多面フィードバック、実践

サンドイッチ型

集合研修を実施、DO-LEARNINGの
リーダートレーニングで多面フィードバック、
DO-LEARNINGで実践。上記での実践を
集合研修でフォローアップ
(ピアフィードバックやディスカッションなど)

上司や同僚を巻き込んで実践を強化
したい

コーチングやOJTと
組み合わせてご活用ください

コーチング・OJT伴走方

DO-LEARNINGのリーダートレーニングで
多面フィードバックと
DO-LEARNINGの実行を
コーチング・OJTで支援、DO-LEARNING
終了後も、
DO-LEARNINGを基礎資料として
コーチング・OJTを継続

企業担当者の方には、以下のようなメリットがあります!

DO-LEARNING
ご利用の流れ

  • step01

    お問い合わせ

    まずは「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。
    無料トライアルのお申し込みは[こちら]より、資料のダウンロードは [こちら]よりお願いします。

  • step02

    サービスのご案内

    お客様のご関心に合わせてサービスや効果的なご活用方法をご案内いたします。

  • step03

    プランのご提案

    お客様の課題に対して最適なプランをご提案いたします。

  • step04

    利用開始

    お申込書のご記入・ご入金をもって利用開始とさせていただきます。
    導入から運用まで専任の担当者が継続的にサポートいたします。

  • step05

    受講報告

    貴社受講者様の受講成果をご報告いたします。

料金体系

基本の料金体系は「初期費用」+「利用料」です。
料金は1ヶ月あたり1,200円

料金体系

※価格は、すべて税込表示です。

※受講者数に応じた特別価格もご用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

会社概要

企業の経営活動全般に関するコンサルテーション、
企業内教育全般のサービスをご提供しています。

会社名
株式会社ソシオテック研究所
所在地
〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町4番1号
ニューオータニ・ガーデンコート 23F
代 表
代表取締役社長 廣川 真一
設 立
1991年1月
資本金
5,000万円
グループ会社
株式会社バリューイノベーションセンター
株式会社経営科学センター
go top